お姉ちゃんがいなくなった寂しさから、パパとのエッチなおむつプレイに!

つみきのおむつ1年生☆6つのおはなし 第6話 つみきと溺愛お父さん

●レーベル:積木舎

●あらすじ
乾いたおむつの匂い…濡れたおむつの匂い…
おむつが濡れていく気持ちよさに、性的快感を覚えてしまったつみき。
パパはそんなつみきの姿に興奮するように…

姉妹おむつプレイがパパとのエッチな布おむつプレイに

ルイお姉ちゃんと私は、
大きくなっても、おむつを外すことができませんでした。

ふわふわのおむつの中で
おしっこが濡れ広がっていく感触や、

足を伝う温かいおしっこの感触、
お日様でふかふかになった
お洗濯したてのおむつの感触を楽しむようになりました…

けれど、そんな日々も終わり…
ルイお姉ちゃんはお嫁に行ってしまいました。

つみきは看護士にはなったけれど、寂しくて仕方ありません。

我慢できなくなったつみきはある日、お父さんのお布団に潜り込みます。
そこから二人の関係は徐々に狂いはじめ…

「お父さんがいてくれて、私は幸せでした。」

姉妹でほのぼのと布おむつ遊びをする第5話から
趣向が変わります。

布おむつの匂いを嗅ぐパパ、
ナース姿でのおしめを替えを眺めるパパ。
倒錯的布おむつプレイを展開する第6話です!
dougalink5